清水小児科医院 高岡市,白金町,高岡駅 小児科,内科,アレルギー科

予防接種

 予防接種は生後2カ月からスタートしましょう

当院で行なっている予防接種

  • 三種混合ワクチン
  • 4種混合ワクチン
  • 不活化ポリオワクチン
  • ヒブワクチン(Hib)
  • 肺炎球菌ワクチン
  • BCG(要予約)
  • 日本脳炎ワクチン
  • 二種混合ワクチン(要予約・土曜日のみ)
  • 子宮頸がんワクチン
  • 麻しん風しんワクチン
  • ロタウイルスワクチン(要予約)
  • 水痘ワクチン
  • おたふくかぜワクチン
  • B型肝炎ワクチン(要予約)

※海外渡航者については、必要のあるワクチンを相談の上行なっております。
予防接種は、午前10:00~12:00、午後3:00~6:00 (土曜日は4:30まで)

必要なもの

予診票接種券(定期接種の場合)、母子手帳、
はじめて当院を受診される方は保険証

 

当日の流れ

受付で母子健康手帳、予診票、定期接種の場合は接種券、はじめて当院を受診される方は保険証を受付で提出して頂きます。

          

体温計をお渡ししますので、指示されたお部屋で熱を測って受付へお渡し下さい。

          

予防接種専用の方の待合室でお待ち下さい。

          

呼ばれましたら、診察室にお這入り下さい。
予防接種のための診察と接種を行います。

          

接種終了後は受付でお呼びするまで、元の待合室でお待ち下さい。
子宮頸がんワクチン後や、ワクチンによる副反応が心配される方は、接種後15分から30分お待ちいただく事がありますが、それ以外の方はお子さんの状態を見れるようであればお帰り頂いても構いません。

 

各予防接種について

ヒブワクチン (Hib) (不活化ワクチン)  定期

インフルエンザ菌に対するワクチンです。
生後2ヶ月から5歳未満の乳幼児が対象になります。
インフルエンザ菌に感染すると、髄膜炎、喉頭蓋炎、肺炎、敗血症などの重篤な全身性疾患を引き起こすことがあります。
髄膜炎の原因菌で最も多いのが、このインフルエンザ菌です。
発症年齢のピークが生後8ヶ月といわれています。
全身性の副反応は少なく、接種部位の赤みや腫れが数%あります。


 

肺炎球菌ワクチン (不活化ワクチン)  定期

鼻や咽にいる菌ですが、小さい年齢の子供や抵抗力が低下している時には菌が体の中に入り込み、髄膜炎や肺炎、中耳炎、敗血症を起こすことがあります。